読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

提案

 

「もしよろしければ、お互いの写真を交換しませんか?早めの方が、お互いにいいと思うので(^^)」

 

佐藤さんとやり取りをスタートして2、3日後、こんなメッセージが届きました。

 

そ、そうか、こんな風に展開していくんだな、、、佐藤さん慣れてるな、、、

でも、そりゃそうだよね、顔知りたいよね、私も知りたいもん、、、

 

たった数日のやり取りですが、佐藤さんに対しての警戒心はなくなっていたので、私もOKを出しました。ちなみに確か、有料会員には、見せたい人にだけ写真を公開するシステムがあったような気がしますが、何せ私はひよっこの無料会員。

そこも踏まえて、LINEで交換しましょうと言ってくれました。

 

見ず知らずの人とLINEを交換するなんで、ひと月前の私が知ったら卒倒するような出来事ですが、メッセージのやりとりで信頼感が生まれていたことと、サイトに登録したことでインターネットへの過剰な恐怖が薄らいでいた私は、少しの躊躇はあったもののこれもすぐにOK。

 

ただ、お見せする写真って、、、?今から自撮りするの、、、?

 

すぐに、サイトにとんで、写真を公開している会員の写真をチェックしてみます。

自撮りした人と、何かの時に撮った写真を活用している人が半々くらい、そして写真館で撮ったような写真の人が少し、という割り合いでしょうか。

同性のプロフィールは見られないので、女性側がどうかはわかりませんが。

 

さすがに自分で今撮るのは上手く撮れる気がしなかったので、大慌てでスマホの中の写真フォルダをチェック。

 

ほとんどが誰かしらと一緒に写っているので、笑顔で写っているものを選んで、自分だけ切り離す編集をしました。(←この作業も初めてで、出来なかったらどうしよう、とオロオロしましたが、無事に成功。笑)

 

佐藤さんはプロフィールで、自分の容姿のことを、褒めていただくこともあるので、悪くはないと思いますが^^;

と書いていましたが、この情報だけではもちろんどんな方かまったく想像ができず。

ドキドキしながら、LINEでお互いほぼ同時に写真を送り合い、

佐藤さんの第一印象は、、、

 

 

 

高校のとき、友達が好きだった佐藤くんに似てる、、、

 

 

それ以上でも以下でもありませんでした。

つまりは、写真を見て特別ときめくことも、ええーーと思うこともなく。

あ、もちろん、仮名の佐藤さんは、ここから名付けています(笑)

 

この日は写真を見せ合ったことでやり取りはおしまい。

 

翌日は、この送られてきた写真を穴が開くほど凝視して悩む一日になりました。